医学部を目指すなら家庭教師がおすすめ!その理由とは?

医学部受験は、本人にとっても両親にとっても大きな挑戦です。最難関といわれる医学部合格をつかみ取るためには、勉強時間を増やすだけでは十分だとはいえません。しっかりと作戦を練ったうえで勉強を進めていく必要があります。

そして、医学部合格を実現するためにおすすめしたいのが家庭教師です。ここでは、医学部受験において家庭教師が効果的な理由についてご紹介します。

国公立大学も私立大学も医学部は難関

「医学部は最難関」とはよく言われますが、実際にはどのくらい難しいのでしょうか。

国公立大学か私立大学かにかかわらず、多くの大学の医学部は偏差値70を超えています。とくに国立大学や有名私立大学に関しては偏差値が高く、東大・京大レベルと言っても過言ではありません。医学部以外であれば、私立大学を滑り止めにすることが可能です。しかし、医学部に限っては私立大学を滑り止めにすることはできないといえるでしょう。

また、現役合格率が非常に低いのも医学部の特徴です。多くの大学において現役合格率は30%を切っており、多浪の割合も少なくありません。とくに私立大学では、現役合格率が低い傾向にあります。

このように医学部は非常に難関であり、優秀な生徒にとっても合格は決して簡単ではありません。順調に成績を伸ばして合格を勝ち取れるのは、ほんの一握りだといえます。だからこそ、効率的な勉強方法を見つけて最短ルートで合格を目指す必要があるといえるでしょう。

医学部を目指すなら家庭教師がおすすめ

勉強方法として予備校、通信教育、独学などがありますが、医学部合格を目指すのであれば家庭教師をつけるのがおすすめです。医学部受験を熟知した家庭教師をつけることで、ぐっと合格に近づくはずです。ここでは、家庭教師をつけると成果が上がりやすい理由をみていきましょう。

苦手分野を克服できる

家庭教師は生徒の現在の学力や理解度に合わせた指導ができるため、しっかりと苦手を克服することができます。医学部受験においては得意で苦手分野をカバーすることは難しく、苦手分野が1つあるだけでも合格が大きく遠のくといえます。

自信が付くまで苦手分野を徹底的に指導してもらえるのは、家庭教師の大きなメリットだといえるでしょう。

得意分野を伸ばせる

苦手分野の克服と同じくらい重要なのが、得意分野を伸ばすということです。得点源を作っておくことで、他の受験生に差をつけることができます。

また、当日も安心して受験に臨めるといえるでしょう。家庭教師なら、他の受講生のペースに合わせる必要はありません。難易度の高い応用問題に取り組むことで、さらに力を付けることができますよ。

学習計画を立てられる

志望校や現在の学力、ライフスタイルなどによって、適切な学習計画は変わってきます。予備校の講師は多くの受講生を抱えているため、1人1人に合わせた学習計画を立てることはできないといえるでしょう。

しかし、家庭教師ならぴったりの学習計画を立ててくれます。その学習計画に沿って勉強を進めることで、順調に学力を伸ばしていけるといえるでしょう。

自宅学習の習慣が付く

医学部合格のキーの1つは、自宅学習です。授業中にどれだけ真剣に先生の話に耳を傾けても、自宅学習がおろそかになってしまっては合格は望めません。毎日集中して勉強する必要があります。家庭教師を付けて自宅で授業を受けることで、自宅の学習机で勉強する習慣が付くのではないでしょうか。

個性に合わせた指導ができる

効果的な指導方法は人によって異なり、叱られて伸びる人もいれば褒められて伸びる人もいます。個性に合わせた指導によってモチベーションが維持できれば、医学部合格の確率はぐっと上がるといえるでしょう。特に経験豊富な家庭教師であれば、本人に合った適確な指導が期待できるでしょう。

信頼して相談できる相手ができる

医学部受験に限らず、受験生は誰しも大なり小なり不安を抱えています。これは、模試の判定がA判定の場合でもE判定の場合でも同様だといえるでしょう。さらに、受験生は友達さえもライバルになってしまいます。

だからこそ、精神的に追い込まれてしまうケースは少なくありません。そのような時に、信頼して相談できる家庭教師は心強い存在だといえます。勉強の悩み以外も相談できるのは、家庭教師ならではだといえるでしょう。

家庭教師と二人三脚で医学部合格を目指そう

家庭教師は個々に合わせて指導を行うため、効率的に苦手を克服し、得意を伸ばすことができます。また受験突破のためには予習・復習が欠かせませんが、家庭教師を付けることで自宅学習の習慣を付けられるといえるでしょう。

医学部受験のその日まで二人三脚で頑張っていける相手がいるのは、とても心強いはずです。医学部受験を目指しているのであれば、ぜひ家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか。

作成者: しばいぬ先生

実際に家庭教師としてこどもたちを指導してきた経験をもとに、日ごろの勉強方法や受験対策に役立つ記事を投稿していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA