受験勉強に家庭教師を利用するメリットとは?

受験勉強を行うにあたり、塾に通おうか家庭教師にお願いしようか迷っている方は多いことでしょう。
そこで今回は、受験勉強に家庭教師を利用するメリットを、大きく3つ紹介します。
勉強の方法に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

受験勉強には家庭教師?塾?

家庭教師を雇おうと考えている人の多くは、高校受験や大学受験を控えた受験生が多いでしょう。
家庭教師は、志望校に合わせて志望校の過去問や対策問題集などをチェックし、受験対策を行ってくれます。
家庭教師側としては、受験生を受け持つことはプレッシャーが大きいと感じることもあるようですが、それだけやりがいのある仕事とも言えます。
一個人としての意見になりますが、生徒ひとり一人に向き合って熱心に指導してくれる教師は、塾講師よりも家庭教師の方が多いと感じます。
それだけでなく、生徒と年齢が近い大学生が家庭教師として活躍していることも多いことから、メンタル面などのフォローも積極的に行ってくれます。
また、家庭教師の方が実際に受験を経験しているようであれば、これまでの経験を活かして独自の指導を行ってくれることもあるでしょう。

家庭教師を利用するメリット

塾と比べたときの家庭教師のメリットは、大きく3点あります。家庭教師の場合、全体的な指導は塾よりも手厚いというイメージです。

受験経験者からアドバイスをもらえる

家庭教師の多くは、中学受験、高校受験、大学受験に関して、その受験システムについて熟知しています。
効率よく高得点が取れるように試験の傾向と対策を徹底的に調べているので、抑えておくべきポイントが分かっています。
つまり、一人で勉強するよりもずっと効率的なのです。

メンタル面でのフォローもしてくれる

また、受験に向けて高めていくべきことは、実は学力だけではありません!メンタル面も大きく影響しています。
「周りは出来ているのに自分だけ出来ない…」とプレッシャーや不安に押しつぶされることは、受験生にとってはめずらしいことではないでしょう。
心配事や不安事は常に付きまとうことですから、メンタル面で弱くなってしまうことも当然あります。
そんな中でも、親身になって寄り添ってくれたり、分からない部分もとことん付き合ってくれる家庭教師がいることで、メンタル面を支えてくれる存在になってくれることでしょう。
家庭教師は、いわば実際に受験を経験してきた「先輩」ですから、分からないことなども気軽に聞くことができます。

日々の勉強サポートもしてくれる

そして、受験勉強以外に集中するあまり、日々の宿題や定期テストが疎かになってしまうのは避けたいもの。
そのため、宿題の手伝いやテスト対策も同時に行ってくれる家庭教師を選びましょう。
基本的に家庭教師は、授業の予習復習のサポートもきちんと行ってくれます

なぜなら、家庭教師を利用するのは受験生だけではないからです。家庭教師を希望する生徒の中には小学生も少なくありません。

こういった小学生の授業は学校の予習と復習、テスト対策なども必要ですが、中には勉強を教えるよりも机に向かって勉強をする習慣を教えることが中心になることも多いのです。

そのため、受験対策はもちろんですが、学校の定期テスト対策に家庭教師を雇うのも良いでしょう。

  1. 受験に出やすい問題の傾向と対策
  2. モチベーション維持
  3. 宿題や定期テストなど日々の勉強
これだけの部分をすべて自分でカバーするのは、非常に大変なことです。
だからこそ、勉強面だけでなくメンタル面でもサポートをしてくれる家庭教師が、受験生の勉強にオススメなのです。

保護者が気を付けるべきポイント

受験成功のためには家族のサポートが欠かせません。そのため、家庭教師を雇ったら終わりではなく、その後も円滑に指導を進めていくため、保護者が気を付けるべきポイントもいくつかあるのです。

指導内容をヒアリングする

家庭教師はマンツーマンで授業を行いますので、塾よりも近い距離で授業をすることが出来ます。そのため、担当の家庭教師がどういった授業計画で進めていくのか、事前にしっかりとヒアリングするようにしてください。
もちろん、指導のプロである家庭教師に任せるのも悪いことではありません。しかし、ヒアリングを怠ったがために「苦手科目の克服が出来ていない」「おしゃべりばかりで勉強が進んでいない」といったことが起こる可能性もあるかもしれません。
こういったトラブルを防ぐためにも、
指導前にきちんと授業計画をヒアリングする
指導後にはどんな内容をどこまで進めたのか報告してもらう
ことを心がけましょう。
家庭教師センター(家庭教師の派遣会社)によっては、指導前後の保護者への報告を徹底しているところも多いので、そういった会社を選ぶのもおすすめです。
さらに、家庭教師派遣会社によっては、方針により生徒とのコミュニケーションなどについての研修を、所属家庭教師に向けて実施しているところもあります。
指導方針やビジネスマナーを研修している家庭教師に指導をお願いできれば、よりクオリティの高い授業を受けることができるでしょう。

作成者: しばいぬ先生

実際に家庭教師としてこどもたちを指導してきた経験をもとに、日ごろの勉強方法や受験対策に役立つ記事を投稿していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA