実体験をもとに考える家庭教師の将来性

家庭教師のアルバイトをするには、ある程度の柔軟性が求められます。大学生をはじめとしたアルバイト世代や社会人の中で働くわけではなく、自分よりも年下である高校生や中学生的には小学生を相手にする仕事になってくるからです。

今回はいつもと少し視点を変えて、家庭教師を目指している人に役立つ情報を少し紹介したいと思います。

家庭教師は印象が良い!?

家庭教師の仕事は、子供達の親御さんともコミュニケーションを図りながら働いていかなくてはなりません。そのため、一度でも家庭教師のアルバイトをして経験を持っておくと、自分が就職をする際などにも良い印象を持たれることが多くなるでしょう。

柔軟性を持っているということがアピールできるほか、状況に合わせながら教えることができるのはプラスに働いてくれる要素になってくれます。実際に自分が教えた子供たちの成績がアップするようなことに繋がれば、それだけ自信を持つことも出来るでしょう。

今後はさらに子供たちの教養も必要になってきますので、将来性を考えると非常に幅が広がっていく職種の一つと言えます。家庭教師は、塾に通わせたくても通わせることができないと言う親御さんをはじめとして、1対1でしっかりと勉強を教えてほしいと願う子どもたちに求められる職業です。

就職に役立つ

就職する際には、これまでの経験などが採用に大きく影響するものですが、家庭教師のアルバイトは自分に自信が持てるようになります。教える子どもたちは一人一人、吸収力などが違っているので、教える側が柔軟な対応をしていかなくてはなりません。

どうすればその子に対してわかりやすく教えてあげることができるのかを考えながらアルバイトをした経験は、間違いなく自分の中で自信に繋がってくれるでしょう。

「子供たちと一緒に自分も頑張る!」というつもりで働くことで、自然と子供たちのモチベーションをアップさせることになります。その結果、成績アップに繋がり、親御さんからも感謝されることになれば自分の教え方は間違っていなかったと自信を持つことができます。

自分の中で様々な試行錯誤をしながら子供たちに勉強を教える経験は、誰しもにできる事ではありません。小さな子供とでもコミュニケーションがとれる力が必要になるためこのような部分は評価されやすく、就職の際の面接でも自信を持って自分の経験として話せる内容になります。

また、分かりやすく子供に勉強を教えるためには穏やかな雰囲気を作り出すことが大切ですので、このような経験に関しても就職では有利に働いてくれます。

家庭教師の様々な働き方

家庭教師はある意味自由度の高い仕事なので、様々な働き方から選択することができます。

自分で独立を目指す

家庭教師のアルバイトをするためには必ずしも派遣会社やその他専門の会社に所属している必要はありません。さらに経験を積み、最終的には独立を目指して働いていくことも可能です。

独立する際には自分1人だけではなく、複数の仲間を集めそれぞれに得意分野を持っていれば求められるニーズにしっかりと応えることができます。自分で小さな事務所などを設立し、アルバイトを希望する人材を集めておけば様々な科目に対して対応できるようになります。

極端な話、会社としての事務所などを持たなくても、複数人の仲間を集めてそれぞれの得意分野を生かしながら教えてあげるということもできるでしょう。

家庭教師は塾のようにスペースを確保する必要もなく、特別な教材なども必要ないので、内容を分かりやすくまとめたオリジナルの資料などを作りながら立派な家庭教師を目指してみるのも良い方法です。

最近ではパソコンでのビデオ電話を使ったオンrナイン家庭教師も始まってきていますので、場所を問わずに教えられる機会がさらに増えるかもしれませんね。

独立をする際には生徒を集めるためのアピール方法などを考えなくてはなりませんが、そういった時間に関しても自分なりのやり方で楽しみながら行うことができます。一日に複数の生徒を持つことができれば、まとまった収入に期待することができます

結婚後は落ち着いたペースで続ける

男性であれば結婚後もこれまでと必ず会社勤務をすることがほとんどですが、女性の場合には思うように職場が見つからないケースもあります。パートとして働きたいと思っていても時間が合わなかったりすると働けず、困っている人もいるでしょう。

しかし家庭教師であれば、結婚後でも続けやすいので非常におすすめです。週末などは昼間でも仕事をすることが可能になっており、平日は夕方から夜にかけての数時間だけですから家庭への悪影響なども少なく働くことができます。基本的な拘束時間が短いことはメリットと言えるでしょう。

もちろん男性でも、会社が終わってから家庭教師として副業をすることもできるでしょう。(会社が副業NGでなければですが…)

派遣会社に登録しバイト先を見つける方法もありますが、近所の子供達に対してリーズナブルな金額で勉強を教えてあげるといった方法もあります。特に大卒の場合には保護者の方からも信頼されるケースがほとんどです。

また、自分に子供を持つ立場になれば子供に対する接し方なども独身の時とは変わってくるため、こうした部分でも悩み事を抱える心配が少なく、子供のやる気をうまく引き出してあげることができるでしょう。

働き方が広がる家庭教師

このように、家庭教師には知られざる色々な働き方があります。

将来どうやって働いていくかのビジョンも人それぞれ自由に描きやすいので、子供に勉強を教えるということに興味がある方は、ぜひ一度家庭教師を経験してみてはいかがでしょうか?

作成者: しばいぬ先生

実際に家庭教師としてこどもたちを指導してきた経験をもとに、日ごろの勉強方法や受験対策に役立つ記事を投稿していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA